【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」

【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」 新暦1月25日~1月29日 頃 沢の水が凍って厚く張りつめる

植物
水菜(みずな)
福寿草(ふくじゅそう)

公魚(わかさぎ)
動物
尉鶲(じょうびたき・鳥)
行事など

水菜は水と土だけで作られることからついた名。冬の鍋物などによく使われる。(花言葉は、虚空)

福寿草(ふくじゅそう)は、元日草とも言われる。正月の床飾りなどにも使われる。 (花言葉は、幸福・幸せを招く・永久の幸福)

関連記事

  1. 【2】立春次候 第二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく) 

  2. 【53】霜降次候 第五十三候「霎時施(こさめときどきふる)」 

  3. 【24】小満末候 第二十四候「麦秋至(むぎのあきいたる)」

  4. 【33】小暑末候 第三十三候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 」…

  5. 【10】春分初候 第十候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

  6. 【62】大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」

  7. 【3】立春末候 第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」

  8. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。