【こよみすと】家の東に植える樹は?

『作庭記』

という本があり、

これは日本最古の、
造園について書かれたものです。

寝殿造の庭に、

「四神相応(ししんそうおう)」と言われる、

理想的な、
気の流れを作る方法を解説しており、

中でも、

植物の配置については、
種類から方位まで、

細かく作法が書かれています。

 

東には、
花が咲く樹を植えると良いのですが、

日本人にとって、

大切な神である、
太陽がもたらす朝日を、

遮ることがあってはならないと、

背の高い樹や、
枝葉が密集したものは、

よくないとされています。

葉が薄く、
太陽の光を通す広葉樹。

そして冬には落葉するものがよい。

ハナミズキや木蓮のように、
枝が密ではなく、

よく光を通すものがよいとされています。

 

(今日の開運アクション)

家の東側に、
朝日を遮るものがないか、
確認をしてください。

 

(c)こよみすと

 

関連記事

  1. 【こよみすと】始まりと終わりを意味する干支とは?

  2. 【こよみすと】聖なる井戸神の話

  3. 【こよみすと】お金が湧いて出てきて貯まる財布

  4. 【こよみすと】良縁を結ぶ縁起のよい食べ物

  5. 【こよみすと】忌み数って知っていますか?

  6. 【こよみすと】神社参りは氏神様から

  7. 【こよみすと】精霊が宿る植物

  8. 【こよみすと】東京聖地 高輪皇族邸

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。