【こよみすと】龍の爪の数には意味があります

開運が好きな方は、
辰(龍)に思い入れがあることが多いようです。

その爪の数に、
意味があるのを知っていますか?

辰は十二支の中で、
唯一の架空の動物ですが、

龍の爪の数にはいくつかの意味があります。

5本、4本、3本のいずれかで描かれているのですが、
元代(13-4世紀)に皇帝以外の五本爪の使用を禁止されたため、
貴族以下の人は4本爪や3本爪の龍の柄を、
使うようになったという背景があります。

5本の龍は皇帝、4本の龍は貴族、3本の龍は庶民と、
身分によって使い分けられてきたのです。

日本では、「天・地・人」を現す、3本爪がよいとされています。

五行の性質から読み解くと、
龍は「木」の性質、
三という数字も三碧木星で「木」、
四も四緑木星で「木」のなので、

いずれも縁起がいいという説もあります。

諸説ありますが、

いずれにしても、風水の世界での龍信仰は強く、
龍を大切に扱う気持ちはよく理解する必要があるでしょう。

 

 

(今日の開運アクション)

龍の写真をネットで探し、
爪の数を数えてみましょう。

 

(c)こよみすと

 

関連記事

  1. 【こよみすと】勝手に切ったら死刑になる神木とは?

  2. 【こよみすと】お金が湧いて出てきて貯まる財布

  3. 【こよみすと】「八相縁起」の動物を知っていますか?

  4. 【こよみすと】精霊が宿る植物

  5. 【こよみすと】蛇はどうして聖なる動物?

  6. 【こよみすと】良縁を結ぶ縁起のよい食べ物

  7. 【こよみすと】幸せを集める大阪ソウルフード

  8. 【こよみすと】日本三大金運神社を知っていますか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。