【こよみすと】聖数という考え方

「聖数」とは、ある文化の中で、なんらか神聖な力を持つとされている数字です。

中国では「九」という数字を、自然界のリズムの最大数、”神の数字”として大切に扱います。

日本では「八」です。

末広がりの形は、霊峰富士山にも通じ、八百万の神という言葉もありますね。

ラッキーセブンは、7は幸運の数字であるとする英語圏を中心とする西洋での思想です。

これも一種の聖数と言えるのかもしれません。

お財布にお札八枚入れておくと、金運アップのスイッチが入ります。

徹底している例では、

1日の初めに必ず88,888円に、している方がいらっしゃいました。

 

(今日の開運アクション)

お財布に、
8円、88円、888円・・・など入れてみましょう。

 

(c)こよみすと

 

関連記事

  1. 【こよみすと】この幸せがいつまでも続く色とは?

  2. 【こよみすと】突破力を持つ干支といえば

  3. 【こよみすと】始まりと終わりを意味する干支とは?

  4. 【こよみすと】物事がスムーズに進むようになる形

  5. 【こよみすと】全員が神様とつながれる考え方

  6. 【こよみすと】東京聖地 高輪皇族邸

  7. 【こよみすと】夜の女王のご利益は子宝

  8. 【こよみすと】疫病除けになる色は?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。